占いとは

「占い」とは、

未来を予測し、道を切り開いていくツールである、

と私は捉えています。

未来は決まっていない!自分で切り開いていくのだ☆
と、つくづく感じています。
占いというのは、

生年月日で占う「命術」

手相・顔相・風水・姓名判断などで占う「相術」

タロットやオラクルカードやルーン、易、おみくじなどで占う「卜術」

に大まかに分かれ、本当にたくさんの占術があるものです。

どの占術も、非常に長い歴史があり、

いつの時代も、占いが活用されてきたのですね。

タロットは、14世紀からあり、
占いとして活用され始めたのは、19世紀からと言われていますが、
非常によく研究をされ続けています。

それだけ、長い歴史を持つ占いは、
神秘的であり、非常に魅了されるものです。
心や思考が、ごちゃごちゃしてしまって、まとまりがつかない時、

何となく感じている「物事の行く末」を可視化して確認してみるなど、

占いは、気持ちの整理にも活用することもできます☆



「自己啓発」の本を、昔はたくさん読みました☆

しかし、今は「自己啓発の本」を読むなら、
タロット占いをします。

なぜならば、
タロット占いは、真理の追究とでも言いましょうか、

タロットカードは、魂の成長の物語で構成されています。

タロットカードの一枚一枚の意味を深く深く読んで行くと、
人の道、
学びや気づき、にも繋がっていく、
最高の「自己啓発」に繋がると感じています。

 

新潟市 タロット占い

新型ウイルスの自粛解除とはなりましたが、

まだまだ予防をしながら鑑定をさせて頂いております。